スルスル酵素 落とし穴

スルスル酵素の「副作用」の正体は意外だった!

スルスル酵素には「副作用」があるって話を聞いたことがありますか?

 

スルスル酵素はサプリメントなので、そもそも副作用の心配などはありませんが、

 

使い始めて間もない方の中には。

 

●胃が痛くなった
●肌が荒れる
●なんだか吐き気がする
●胸焼けがひどい
●熱が出た
●お腹がくだる

 

などの「副作用」を経験される方もおられるようです。

 

これらは本当にスルスル酵素が原因で引き起こされた「副作用」なのでしょうか?

 

体質改善前の好転反応が出ているだけです

 

心配いりません、大丈夫です!こういった症状はすべて好転反応によるものなんです。

 

好転反応とは何でしょうか?

 

好転反応とは、体内から老廃物などの余分なものが排出される際に、毒素による不快な症状が一時的にあらわれることを言います。

 

不快な症状は人それぞれ個人差があり、あらわれる部位や症状はさまざまです。

 

さらに体内に溜め込んだ老廃物の量によって、好転反応はより強くあらわれると言われています。

 

特に体の中で弱っている部分に症状が出やすく、例えば胸が弱い人は胸焼けなどの不快感が出やすいです。。

 

好転反応が起こるということは、老廃物が体から排出されて始めている証拠なので、むしろいいことなんですが、不快感を早くおさめるためにはたっぷりの水を飲むことで尿や便で押し流してやりましょう。

 

長年便秘で苦しんでいた方は好転反応も出やすい

 

スルスル酵素に含まれる酵素と乳酸菌によってので、滞りがちだった腸が急に活発に運動するようになり、腸内で未消化のままの残存物が、一気に分解され始まることでガスが発生します。

 

発生したガスが腸内でふくらみ、お腹が膨満感を感じたり、胃壁をガスが刺激して吐き気がすることがあります。

 

また、老廃物の排出にともないニキビや肌荒れの症状が出やすくなり、一時的に不快感を感じることもあります。

 

また、熱っぽかったり、お腹がゆるくなるのも好転反応によるものです。

 

これらの症状は確かに不快ですが、副作用や病気といったものではなく、体が改善されていく過程に過ぎません。

 

好転反応は健康体への過渡期だから上手に付き合う

 

好転反応の時期は人によって1〜2週間とさまざまですが、この時期を乗り越えると体は完全に健康体へと向かっていきます。

 

その間ストレスを感じる方もおられると思いますが、体がキレイになっている証拠なので、上手く付き合って乗り越えてくださいね。

 

特に便秘で下剤などの薬に頼らざるを得なかった方にはスルスル酵素はおすすめです。

 

酵素と乳酸菌の働きによって、お腹が痛くならずに老廃物をスルスルと出してくれるし、常に腸内をキレイに保ってくれます。

 

さらには腸がきれいになるとお肌もきれいになりますから、これまでよりもずっとメイクノリが変わってきますよ♪

 

⇒スルスル酵素できれいなお肌を目指したい方はこちら