スルスル酵素 落とし穴

こんな酵素ダイエットは危険性をはらんでいる!注意すべき点とは?

酵素ダイエットは体に不足しがちな酵素を補うことで代謝をアップし、燃焼しやすい体にすることで健康的に痩せようというものです。

 

代表的なやり方には「置き換えダイエット」と「ファスティング(プチ断食)」があります。

 

「置き換えダイエット」は1日1食を酵素ドリンクと置き換えるもので、酵素を補いながら1日の摂取カロリーを無理なく減らすことで緩やかに体重を落としていくというものです。

 

一方「ファスティング」は、1〜3日間酵素ドリンクと水のみを摂取し固形物は一切取らないという方法。

 

こちらは摂取カロリーをより大きく減らすことができるので、即効性のある方法といわれています。

 

酵素ダイエットは、正しい方法で行えば体に無理なく痩せることができる方法です。

 

では、危険性というものは一切ないといえるのでしょうか。

 

実はこの「正しい方法で」というのが重要なポイントです。

 

早く痩せたいと焦るあまり、無理な方法をとってしまうと安全性が高いといわれている酵素ダイエットでも、体に害を及ぼすことがないとはいえないのです。

 

特に「ファスティング」を行う場合は十分な注意が必要です。

 

まず、初めて行うときは1日だけにすること、そして前日から食事を軽めにして準備をし、ファスティングの翌日は回復食をきちんととります。

 

回復食というのは、ごく薄い重湯から始めて徐々に普通の食事に戻していくもの。

 

ファスティングの後はお腹がすいていますからついついたくさん食べたくなってしまうのですが、丸一日休ませていた胃にとって突然通常の食事を摂るのは負担が大きすぎます。

 

場合によっては胃を壊してしまうこともあるのです。

 

したがって、食事を「徐々に戻していく」というのはとても大切なことです。

 

また、ファスティング中に万が一具合が悪くなったときは、無理せずすぐに中断しましょう。

 

さらに、次のファスティングを行うまでには1カ月は間を置くことも重要です。

 

健康的なダイエットは体を思いやってこそ成功するのだということを忘れないようにしたいものですね。