スルスル酵素 落とし穴

酵素ダイエットは終わった後が重要!回復食の注意点とは?

酵素ダイエットは、期間が終わればそれで終了、という訳ではありません。

 

「食べないダイエット」は、期間終了後の回復食が非常に大切になります。

 

というのも、数日間固形物を食べていない腸や胃は休止しているからです。

 

この状態でいきなり普段通りの食事を始めてしまうと、内臓に非常に大きな負担がかかります。

 

消化不良くらいで済めばまだいいですが、中には腸捻転や腸閉塞を起こすなど、深刻な事態を引き起こすこともあるのです。

 

また、数日間食べ物を食べていない体は、食べ物を待ち望んでいる「飢餓状態」にあります。

 

つまりいきなり高カロリーの食事を取ると、体は普段以上にカロリーを取り込んでしまいます。

 

せっかく苦労して行った酵素ダイエットなのに、リバウンドが起きてしまっては元も子もありません。

 

ダイエットの効果を維持するためにも、やはり回復食は重要なポイントになるのです。

 

回復食の基本は、断食していた期間と同じだけの期間摂ることです。

 

1日断食していたなら、やはり1日は回復食で過ごしましょう。

 

ただし1週間以上の断食を行う場合は、より長い回復期間が必要になります。

 

ここまで長い期間の断食は自己流では危険になってくるので、必ず専門家の指導を受けて行うようにしましょう。

 

では、具体的に回復食ではどのようなものを食べてればいいのでしょうか。

 

回復食の基本は「消化のいいもの」「体に負担がかからないもの」です。

 

そういった意味で、お粥は非常におすすめです。

 

3日以上断食した時は重湯からスタートし、七分粥、五分粥と段階を踏んでいくといいでしょう。

 

野菜の栄養素を取ることができ、同時に消化も助けてくれる野菜スープもおすすめです。

 

逆に食べない方がいい食材もあります。

 

例えば肉や魚といった動物性タンパク質は、「消化に時間がかかる」「胃腸に負担がかかる」といった理由から避けた方がいい食材です。

 

油ものも胃腸に負担がかかるうえに、断食後は油の吸収がされやすい状態なので、控えたほうが得策です。

 

自分で作る場合など、使っていい食材が分からないので難しい、というときは、市販の回復食セットを利用するのもいいでしょう。